原子爆弾を見た建物・・Ⅰ

                
                いつかはヒロシマをこの目でしっかり見たいと思っていました。
                初めての広島旅行で、心で感じたヒロシマ 被爆建物
                言葉にならない想いでした。。。





                広島市の中心部に建つ旧日本銀行の広島支店。
                昭和11年8月に建てられたこの建物は、爆心地からわずか380mという近さにありながら、
                非常に堅固な造りであったため、建築当時の姿を現在もほぼ残しています。

                特徴的な渦巻状の柱頭をのせた角柱などギリシャ建築・ローマ建築風の古典様式で、
                広島における昭和初期を代表する建築物の一つ

                平成12年には広島市指定重要文化財に指定



e0206031_12545235.jpg





e0206031_1255111.jpg




                谷口織物
                旧住友銀行東松原支店は、広島県広島市南区にある、住友銀行のかつての営業所。
                現在は呉服卸売業を営む谷口(旧・谷口織物)株式会社の店舗なのだそうです。

                鉄筋コンクリート補強の煉瓦造2階建。広島に現存する大正期のモダン建築であり、
                被爆建物の一つでもある。


e0206031_12491433.jpg




                袋町 国民学校 爆心地から約500メートル
                この小学校に通う児童が犠牲になりました。
                この後ろに現建物があるのですが、撮るのを忘れてしまいました。


e0206031_13595748.jpg





                広島流川教会(日本メソジスト広島中央教会)
                広島女学院の母体となる教会です。

e0206031_135116.jpg




                被爆当時の教会は、広島初の鉄筋コンクリート造りの建物として
                ヴォーリズの設計によるゴシック様式で建てられた。
                爆心地から東約900メートルの旧・上流川町にあった教会は、
                外壁の一部を残して倒壊した。



e0206031_1355828.jpg



                被爆した材木で作られた十字架。
                原爆死没者と、あらゆる戦争の犠牲者追悼の象徴となっている
                (画像はサイトより拝借いたしました)

e0206031_136553.jpg





                和解と平和を呼びかけるシンボルとして礼拝堂に架設された鐘。
                被爆の際に落下して、ひびが入っている
                (此方の画像もサイトより拝借しました)


e0206031_1372670.jpg



                世界で原子爆弾の投下にあったのは日本だけです。
                原爆によって、広島・長崎の多くの方が犠牲になりました。
                そこは地獄絵図だったでしょう・・・

                戦争を知らない私ですが、原爆の犠牲者に少しでも心を合わせたい。
                追悼と平和への祈りを捧げたいと思いました。

                原爆のエネルギーとは想像を絶するものでしょう。
                平和ボケな日本って言われますが、平和って何だろうと思いました。
   続く・・・
[PR]

by bluebrops_angela | 2010-12-10 07:07 | 旅行