文知摺石の言い伝え

                    信夫文知摺 多宝塔 (福島市指定重要文化財)

                    紅葉の見頃には少し早かったです。
                    でも、此処に来る度いつも想うのは
                    空気がすっごく美味しいのです(#^.^#)
                    森林がいっぱいあるからでしょうか??


e0206031_2032370.jpg

                    石の伝説    
                    貞観年中(九世紀半ば)の頃、陸奥国按察使(あせち・巡察官) 
                    源 融(みなもとのとほる)公(百人一首で知られる)が、
                    このあたりで道に迷い、この里(山口村)の長者と出会う。
                    その娘虎女と恋仲になるが、都からの使いにより、
                    公は再会を約して都に戻ることになりました。
 
                    再会を待ちわびた虎女は、「もちずり観音」に百日詣りの願をかけ、
                    満願の日に、観音様のお告げをいただく。
                    文知摺石を磨きあげると、愛しい人が現れるとのこと。
 
                    毎日、祈りを込めて磨いていると、公の面影が浮かんで見えた、
                    しかしそれは一瞬のことで、思慕の情は益々つのり、嘆き、悲しんだ虎女は、
                    ついに病の床についてしまいました(文知摺石 ↓ )


e0206031_20103389.jpg


                      病がいよいよ重くなり、明日をも知れずという時に、都から源 融(みなもとのとほる)公の
                      虎女にあてた歌が届けられた。(源 融 句碑 ↓)

                              「みちのくの 忍ぶもちずり 誰ゆえに みだれそめにし 我ならなくに」
e0206031_20182859.jpg


                     この悲恋を伝え聞いた近々の子女たちが、自分の恋しい殿方の面影に出逢う為
                     に、競って文知摺石を磨きに押し寄せたため、田畑を荒らされる農民が、怒って山
                     から石を落としたために、現在の位置に鎮座したとされている。またこの石を
                     「鏡石」と別名で呼ばれるのは、このことがあってからだそうです。


e0206031_20212772.jpg



                    信夫文知摺 11月6日(土)  福島市山口


                    今日も福島で熊出没のニュースが。。。
                    熊さんのドングリの話を聞いてから、熊が可哀想で可哀想で。。 
                    でも、熊は野生なので。。。(@_@。。。
[PR]

by bluebrops_angela | 2010-11-09 07:07 | 松尾芭蕉

信夫文知摺(しのぶもちずり)と松尾芭蕉


e0206031_19271085.jpg



                    福島市指定 史跡名勝 文知摺観音(もちずりかんのん)  11月6日(土)

                    信夫文知摺(しのぶもちずり)とも言われます。


                    この地は信達札所第二番目の霊地であり、
                    また文知摺石(もちずりいし)をめぐる伝説の地としても古くから市民に親しまれてきた所です。



e0206031_1950866.jpg


                    かつて都人達が歌枕として詠じ、芭蕉が奥の細道行脚に立ち寄り
                    正岡子規や墨客小川芋銭も足を運びました。

e0206031_19354816.jpg



                         信夫文知摺(しのぶもちずり)の入り口でお出迎えしてくれえるのが、
                         由緒が分からぬと言われる「甲剛碑」

                         書いてある文字がなんとも素敵な感じです♪

                         甲剛の古字体であるとされており、意味は不明らしい。。(;一_一)

                         この文字は北斗七星を意味するのではないかとも言われているそうです。。。(・・?
                         なんとも怪しげな碑なのですね~~(#^.^#)

                         何でここにあるのでしょうねっ??? (笑)

e0206031_19374056.jpg





                            信夫文知摺は松尾芭蕉が訪れた地としても知られます。

                            芭蕉は「信夫文知摺」に期待してこの地を訪ねたのですが、
                            実はとうの昔に途絶えており、そして詠んだ句だそうです。


                               早苗とる 手もとやむかし しのぶ摺
                               (さなえとる てもとやむかし しのぶずり)

                               <句意>
                              早乙女たちが苗代で)早苗を取っている手つきは、
                              昔しのぶ文知摺を摺りそめた手つきをしのばれることであるよ。

                                  ~~三省堂・新明解シリーズ「奥の細道」(桑原博史監修)より

e0206031_19441382.jpg



                              こちらは(↓)正岡子規の句碑で~~す(#^.^#)


e0206031_1946446.jpg

                                             涼しさの 昔をかたれ 忍ぶずり  正岡子規






e0206031_1951103.jpg


                              この地には文知摺石(もちずりいし)をめぐる哀しき恋の伝説があります。(@_@。。。
                              ・・・こちらは後日にアップしたいと思っています。



                             
[PR]

by bluebrops_angela | 2010-11-08 07:07 | 松尾芭蕉