白水阿弥陀堂便り 7.6

昨日、7月7日は七夕でした。

織姫と彦星は一年に一度だけ天の川で再会する日なのですよねっ
なんかロマンチック♪


e0206031_8305537.jpg


七夕の伝説は
機(はた)を織るのが仕事の織姫は、牽牛(彦星)と出会い、二人は恋に落ちる。
しかし、二人は、仕事を全くしなくなってしまいそれをみた天帝は怒り、
二人を天の川の両岸に引き離してしまうのです。
そんな二人の様子を哀れに思った天帝は、
一年に一度、7月7日の夜にだけ会うことを御許しに・・・

 ただし、いろんな説があって

西王母伝説
古代中国の女神が分離して男女の神になった伝説が織女と牽牛になったという説

羽衣伝説
天女の水浴びをのぞき見た男が羽衣を隠し、
天女と結婚するが、やがて天女は空に帰り、男は天女を追い、
天に行くが禁じられた瓜を縦に割ると、大水が流れ出て、天の川になり、
七夕に一年に一度しか会えなくなるなるという伝説


七夕の夜、雨が降ると、天の川が氾濫して会えないという話もあれば、
雨が降っても、かささぎが橋渡しになって会えるという話もあります。



e0206031_8324138.jpg



年に一度しか会えない織姫と彦星
雨が降っても逢わせてあげたいです。

だけど、旧暦の七夕もあるから(本当はどっちなのだろう??)
来月の七夕に期待しようっと~~~(笑)


e0206031_8283563.jpg


実は来月8月の旧暦の七夕は、ゆっきがお星様になった日なのです。
来月の七夕は天の川のゆっきに逢いに行くぞ~~~~!!アハハ!!
「母ちゃんになんか逢いたくねぇ~~」って拒否されそうだけど・・・トホホ(^^ゞ



e0206031_8325511.jpg




白水阿弥陀堂の花々 やっぱり今は紫陽花が花盛りって感じです。



e0206031_8331643.jpg




ドクダミもひっそりと咲いていました。

e0206031_8334979.jpg



白水阿弥陀堂の蓮は、蕾が出始めた頃です。
毎年7月7日の七夕の頃は花が咲いていたのですが今年は遅いようです。
もしかしたら蓮の花々も、御本尊様のお帰りを待っているのかも・・・


e0206031_832695.jpg




ふくしま かなざわ キッズ交流キャンプ
[PR]

by bluebrops_angela | 2012-07-08 08:34 | 白水阿弥陀堂